トップページ 製品情報 サポート 会社案内 採用情報 プレスリリース  

MES会社ロゴ


FaxOnMail の機能概要
FaxOnMail の機能および特徴
送受信  
Microsoft Wordや一太郎、Excel、1-2-3等のワープロ・表計算、JPEG、BMP等の画像、 またそれらを格納した書庫ファイル(LZH,ZIP形式)など、様々な形式のファイルをファックス送信 できます。
送信前にファックスイメージをプレビューして確認することができます。 送付状をあらかじめ 10 種類登録しておくことができ、ファックス送信時に任意の送付状を選択できます。
受信したファックスを、ユーザー側のコンピュータからInternet ExploreやNetscape Navigator等のブラウザで参照することができます。

 

全般  
クライアントPC個別に専用ソフトをインストールする必要がなく、メンテナンスが楽です。 1台のFAXモデムと電話回線を全てのクライアントPCで共有できます。 管理者は(※)利用者を限定したり、送信ログを参照して利用状況を把握することもできます。
※利用者の限定
FaxOnMail 管理者は管理プログラムを使って利用者に対しユーザ登録確認メールを出し、利用者はこれに対して返信することで、以後FaxOnMail を利用できるようになります。この手続きを経ていない人はFaxOnMail を利用することができません。
FaxOnMail の一版仕様
FAX送信 G3 規格のファックスに対応しています。
メールボックスに未送信ファイルがある限り順次送信を行います。
FAX受信 G3 規格のファックスに対応しています。
FAX 受信は完全なバックグラウンドで動作します
ログ 発信者、送信時間、送信枚数、相手先、通信状況などをログとして保存します。
管理者 ユーザー管理、ログ管理等
動作環境
サーバー用PC IBM PC互換機, /NEC PC98NXシリーズ/富士通FMVシリーズ
メモリ 96MB以上
HDDの空き容量 10GB以上(受信するFAXの枚数によります)
OS Microsoft Windows NT 4.0/Microsoft Windows 2000
FAXモデム Class1対応モデムでWindowsNT4.0/2000で動作するもの(Windows標準のシリアルドライバを使用)。 拡張通信ポートには正式対応していません。
プリンタ  
  メールサーバとFaxOnMail が常時接続されていること。ダイヤルアップは接続不可です。 FaxOnMail はメールサーバ稼働機に導入することも可能ですが、FAXサーバ専用機を用意されることをお勧めいたします。
制限事項
1ページA4縦を超えるサイズのファイルは正しいイメージで送受信できません。 
原稿ファイルを作成したアプリケーションソフトでの印刷イメージを、そのまま再現できないこともあります。
作成されるFAX送信イメージの画質は、FaxOnMailが動作するPCのディスプレイ環境に依存します。 
文書ファイル内に他のファイルへ外部参照がある場合(例:HTMLに画像が貼り付けられているような場合)、 正しく送信できません。
ワープロ文書ファイルに貼り付けられた線画や図形を送信できるのは現在以下のものです。
MS-Word 97/98/2000
一太郎 8/9/10/Lite/Lite2/Home/スマイル
HTML
MS-RTF
クラリスワークス4(文書)
OASYS V5/6/7
OLEの埋め込みオブジェクトやリンクオブジェクトは送信できません。
パスワードのかかったファイルは送信できません。
CMYK形式で保存した画像ファイルは送信できません(RGB形式のみに対応しています)。
カラーのSGIRGB形式の画像ファイル送信できません。
TIFFはアプリケーションレベルで様々な拡張がされているため、すべてのTIFFに対応することはできません。FaxOnMailは「TIFF Revision 6.0」形式に対応しております。また、「無圧縮」「無拡張」のTIFFのみの対応です。
ピクセルサイズが16ビットのpictファイルは送信できません。
WPG(WordPerfectGraphics)形式のファイルは、送信イメージサイズが正しくない場合があります。
モデムと送信先のFAXとの相性により、うまく送信できない場合があります。